寄付する 寄付する

いつもご支援、ご協力をいただき、ありがとうございます。
共同募金会では、つかいみちや仕組みによって、さまざまな寄付を受け付けています。

赤い羽根共同募金

子どもたちの安全、高齢者の日常的な生活支援、障がい者の社会参加、防災のまちづくりなど、地域のさまざまな課題解決のための活動に役立てます。

ふるさとサポート募金(赤い羽根共同募金)

「ふるサポ(ふるさとサポート募金)」は、全国の市区町村や、あらかじめ設定された地域の困りごとのテーマを選んでご寄付いただける仕組みです。

例 震災で心に傷を負った子どものケア、
  在住外国人向けの医療通訳者派遣、
  豪雪地域の雪かきボランティア など

ふるサポ専用ページ

赤い羽根福祉基金

既存の制度やサービスでは対応できない、さまざまな社会課題を解決するための活動で、全国的な波及効果のある先駆的・モデル的な取り組みを支援します。

詳しくはこちら

ボラサポ・九州

「ボラサポ(災害ボランティア・NPO活動サポート募金)」は、災害が起こった際、被災地等で活動するボランティアグループやNPOのための支援金です。「ボラサポ・九州」では、2016年に発生した熊本地震の被災者支援の取り組みを支援します。

寄付する

災害義援金(2016 熊本地震)

2016年4月に発生した熊本地震では、200名を超える方々が犠牲になり(関連死含む)、今も4万人を超える方々が仮設住宅等での避難生活を送っています。(H29.12.31日現在)
義援金は、被災された方々を支援することを目的に、行政を通じてお見舞金として配分されます。

寄付する

ボラサポ2(東日本大震災)

「ボラサポ2」は、東日本大震災の被災地において、仮設住宅や復興(災害)公営住宅などで住民が主体となって取り組むコミュニティづくりの活動などを支援します。

例 仮設住宅での学生ボランティアによるお茶会、避難生活を送る子どもたちの料理体験など

寄付する

災害義援金(2017 九州7月大雨災害)

2017年7月に発生した九州大雨災害により、福岡県、大分県では人的被害をはじめ家屋の倒壊等の甚大な被害が発生しました。
義援金は、被災された方々を支援することを目的に、行政を通じてお見舞金として配分されます。

※義援金は福岡県共同募金会において受け付けています。
http://www.fuku-shakyo.jp/kyobo/24bokin.html

詳しくはこちら

NHK歳末たすけあい

毎年12月に、NHKとの共催で行われる助け合い運動です。寄付金は、共同募金会を通じて、地域の心身障がいのある方々、支援を要する子どもたち、介護を必要とされる高齢者、被災された方などを支援する福祉活動に役立てられます。

※2017年の寄付の受付は終了しました。ご協力、ありがとうございました。