いろいろな寄付の方法

ネット寄付(クレジットカード、コンビニ等)

赤い羽根共同募金

寄付する地域と活動分野を指定できます。

寄付する

ふるさとサポート募金(赤い羽根共同募金)

あらかじめ設定された地域の困りごとのテーマから選ぶことができます。

寄付する

災害ボラサポ全般(2018年度以降の災害支援)

各地で発生した広範囲に被害が及ぶ災害の被災地・被災者支援のために広く活用させていただく支援金です。

寄付する

ボラサポ九州(熊本地震〉

熊本地震の被災地等で活動するボランティアグループやNPOを支援します。

寄付する

ボラサポ2(東日本大震災)

東日本大震災の被災地での住民主体のコミュニティづくりなどの活動を支援します。

寄付する

NHK歳末(12/1~12/25)

心身に障がいのある方々や支援を必要とする子どもたちのために役立てられます。

寄付する

その他のネット寄付(赤い羽根共同募金)

コンビニ決済

払込票により、最寄りのコンビニで寄付できます。

寄付する

Web Money

ネット決済用プリペイドカード「Web Money」で寄付できます。

詳しくはこちら

ポイント寄付

「ネットマイル」のポイントで寄付できます。

詳しくはこちら

セカンドライフ ※2

「セカンドライフ」内通貨であるリンデンドルでの募金を受け付けます。

詳しくはこちら

※1 送金手数料は無料です。寄付額は500円以上からとさせていただきます。インターネットバンキングが行える銀行口座が必要です。領収書が必要な方はこちら⇒(領収書発行フォーム)からご連絡ください。

※2 仮想空間「セカンドライフ」内で株式会社インターリンクが「赤い羽根共同募金に協力店舗を開設しています。ご希望の方には「赤い羽根付き帽子」をプレゼントします。

スマートフォンによる寄付(つながる募金)

ソフトバンク株式会社の「つながる募金」を利用して、スマートフォンやパソコンから寄付できます。

「つながる募金」について詳しくはこちら

赤い羽根クレジットカード

オリエントコーポレーション(オリコ)のクレジットカード「赤い羽根カード」で買い物をすると、利用額の0.5%がオリコから中央共同募金会、そして各都道府県共同募金会を通じて全国の民間社会福祉活動資金として寄付されます。

赤い羽根カード

 

寄付つき商品を購入する

身近な商品を購入することで、購入代金の一部を赤い羽根共同募金に寄付いただける「寄付つき商品」があります。企業の社会貢献活動の一環で実施されています。

ボールペン

ゼブラ株式会社が販売するボールペン「サラサクリップ赤い羽根」は、商品購入代金の一部を赤い羽根共同募金へ寄付します。寄付金は、商品の各都道府県別の売り上げに応じて全国の共同募金会に配分され、地域の子どもの学びを支援する事業に使われます。

詳細はこちら

QUOカード

株式会社クオカードが販売する「社会貢献型QUOカード」は、商品購入代金の一部を赤い羽根共同募金へ寄付します。寄付金は、全国の共同募金会を通じて地域福祉活動に使われます。

詳細はこちら

スマートフォンの購入

スマートフォンの購入が、災害時の被災地支援につながります。ソフトバンク株式会社が提供する「チャリティモバイル」は、ソフトバンク株式会社の携帯電話(対象機種)を、専用申込みページから新規または機種変更で契約することで、ソフトバンク株式会社が、一定額(6,000円)に加えて、毎月の利用料金の3%を、中央共同募金会に2年間継続的に寄付する仕組みです。チャリティモバイルの利用にかかわる利用者の負担はありません。本会では、「チャリティモバイル」によるソフトバンク株式会社からのご寄付を、被災地支援に活用させていただきます。

詳細はこちら

インターネット光回線

株式会社ジャパンコミュニケーションズインスティテュート(略称JACOM)では、NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ光」のコラボレーションモデルとして、インターネット光回線「赤い羽根×ひかり」を提供しています。現在「フレッツ光」をご利用中の方は、転用手続きをするだけで、ご利用環境を変えずに低価格で利用することが可能です。

月額利用料の一部を、赤い羽根共同募金に寄付します。寄付金は、各都道府県別の売上に応じて全国の共同募金会に配分され、地域福祉活動に使われます。

詳細はこちら