助成を受ける 助成を受ける

共同募金会では、さまざまな地域課題や社会課題を解決するため、日本全国で取り組まれている民間の活動を資金面で支えています。用途や地域に応じた助成プログラムを設けています。

赤い羽根共同募金

共同募金会では、地域福祉の推進を図るための社会福祉活動への助成を行っています。法人格の有無を問わず、毎年全国で5万件を超える民間活動を応援しています。
助成の応募・申請は、各都道府県共同募金会が受け付けています。

詳しくはこちら

都道府県共同募金会

『共同募金助成方針』

※具体的な助成要項等は、各都道府県共同募金会のホームページをご確認ください。

赤い羽根福祉基金

既存の制度やサービスでは対応できない、さまざまな社会課題を解決するための活動で、全国的な波及効果のある先駆的・モデル的な取り組みを支援します。
助成の応募は、中央共同募金会が受け付けています。

平成31年度助成応募受付は終了しました。

(募集期間:平成30年12月21日~平成31年1月21日まで)

平成31年度赤い羽根福祉基金助成の応募受付は終了しました。

助成詳細は、下記参考をご参照ください。

   〈参考〉「赤い羽根福祉基金」平成31年度応募要項

これまでの「助成事業一覧」(応募状況)をご紹介しておりますので、下記リンクページより「助成決定を見る」をご参照ください。

ボラサポ・九州 住民支え合い活動助成(熊本地震)

ボラサポ・九州「住民支え合い助成」は、熊本地震の被災地における地元住民のグループ等による助け合い活動を支援するものです。
熊本県共同募金会が助成を実施し、2018年9月より応募受付を開始しました。詳しくはこちらをご覧ください。

ボラサポ2(東日本大震災)

被災3県(岩手・宮城・福島)の地元グループを支援します。
この助成事業は、被災地の地元住民のグループ等による助け合い活動を支援するもので、被災地の復興に向けてさまざまな人のつながりや被災地域のコミュニティ再興を願い実施するものです。
被災3県の共同募金会が応募を受付、審査業務を行っています。

詳しくはこちら

公益信託

中央共同募金会では昭和56年から故高橋保蔵様より財産の一部を受託し「公益信託高橋保蔵記念福祉振興基金」の運営を行っています。

公益信託高橋保蔵記念福祉振興基金の目的

全国的規模の社会福祉団体の活動の充実を図るため、事業費の助成を行うことを目的としています。
受託した財産の運用益を毎年度助成していますが、金利等の増減により毎年度運用益の額が異なるため、助成総額は一定額ではありません。(2018年度の助成額は29万円)

※申請団体の募集は2月頃に中央共同募金会ホームページにて行います。

公益信託とは

個人や企業などがその所有する財産を信託銀行等にその財産を信託し公益のために役立てようとする制度です。

第37回助成募集(応募締切:平成31年2月28日まで)

全国的な視野に立った社会福祉団体の活動を充実することを目的に、活動に対して助成募集をいたします。
応募詳細は、下記をご参照ください。

「公益信託高橋保蔵記念福祉基金」第37回助成募集要項