赤い羽根共同募金

赤い羽根共同募金とは

共同募金は、戦後間もない昭和22(1947)年に、市民が主体の民間運動として始まりました。

当初、戦後復興の一助として、被災した福祉施設を中心に支援が行われ、その後、法律(現在の「社会福祉法」)に基づき、地域福祉の推進のために活用されてきました。

社会の変化のなか、共同募金は、誰もが住み慣れた地域で安心して暮らすことができるよう、さまざまな地域福祉の課題解決に取り組む民間団体を応援する、「じぶんの町を良くするしくみ。」として、取り組まれています。

令和3年度(第75回)共同募金運動 概要

実施期間    令和3年10月1日(金)~令和4年3月31日(木)

メインテーマ  じぶんの町を良くするしくみ

実施主体    各都道府県共同募金会

募金目標額   186億6,665万円

※募金活動は「衛生配慮のガイドライン」を基に、感染症対策を十分にとって実施されます。

令和3年度 共同募金運動における全国共通助成テーマ
「つながりをたやさない社会づくり~あなたは一人じゃない~」

世界的なパンデミックが発生した令和2年度は、つながることが難しい中にあっても、つながることをあきらめず、孤立、孤独の問題に取り組む活動を支援する重要性を強く啓発していくこと必要性があることから、「つながりをたやさない社会づくり~あなたは一人じゃない~」を全国共通の助成テーマとして、各地域での助成活動を実施しています。

令和3年度もパンデミックの影響を大きく受ける状況は変わらず、引き続き地域での支えあい、つながり作りの活動は必要不可欠であることから、本テーマを継続し、全国各地での助成活動を展開しています。

(活動事例紹介)パンデミック下における共同募金の助成

※共同募金会では平成25年から「地域から孤立をなくそう」を全国共通の助成テーマとしており、これを包含する形で「つながりをたやさない社会づくり~あなたは一人じゃない~」のテーマ設定がなされています。

寄付する

共同募金は、地域の多様な課題解決のために役立てられています。
ご寄付は、各都道府県共同募金会で受け付けているほか、インターネットやスマートフォン、寄付つき商品、ポイントなどでもご寄付いただけます。

続きはこちら

助成を受ける

共同募金会では、民間の団体や福祉施設から助成申請を受け付けております。
助成の応募にあたっては、都道府県共同募金会ホームページから応募要項をご確認ください。

知る 調べる