赤い羽根共同募金 歴史

共同募金70年の歩み

共同募金運動は、第二次世界大戦後、1947(昭和22)年に「国民たすけあい運動」として始まりました。「困ったときはお互いさま」の気持ちから、第1回目の共同募金運動ではおよそ6億円の寄付金が寄せられました。現在の貨幣価値にすると、1,200億円に相当するといわれています。
現在では、「社会福祉法」に定められた地域福祉の推進を目的に、さまざまな地域の課題解決に取り組む民間団体を支援する「じぶんの町を良くするしくみ。」として、地域のさまざまな福祉活動を支援しています。

共同募金70年の歩みはこちら

統計情報

募金と助成の統計データを歴年・年度別にご紹介します。

募金について 

助成について

歴年ポスターと年表

歴年ポスターと年表を年代別にご紹介します。

動画

共同募金のしくみや助成先団体の活動をご紹介します。
動画を見る

共同募金の応援歌や70年の歴史を振り返った歌をご紹介します。

赤い羽根の歌(昭和25年)

作詞:サトウハチロー
作曲:万城目正

赤い花びら(昭和52年)

作詞:森繁久弥
作曲:岩城浩一

虹色の花(昭和52年)

作詞:森繁久弥
作曲:岩城浩一

おたがいさまのうた(平成28年)

作詞:中村禎
作曲:白戸秀明