災害・被災地支援 ボラサポとは

ボラサポ・豪雨災害(平成30年7月豪雨災害ボランティア・NPO活動サポート募金)

中央共同募金会では、被災地で活動するボランティア・NPO団体の活動資金の支援を行うため、「平成30年7月豪雨災害 ボランティア・NPO活動サポート募金(通称:ボラサポ・豪雨災害)」を募集しています。
詳しくは下記よりご確認ください。

https://www.akaihane.or.jp/saigai/2018_july_gouu/

 

 

ボラサポ2とは

ボラサポ2(被災地住民支え合いサポート募金〈支援金〉)は、東日本大震災の被災地で、住民同士のコミュニティづくりを支える募金です。

被災地では、仮設住宅から恒久的な住居へ移行する人が増えている一方で、自宅に戻れず仮設住宅などで避難生活を続けている人も少なくありません。

それぞれの生活環境のなかで抱える不安や孤独、生活上の課題を解決するため、住民同士が困ったときに助け合い、お互いを見守りあえるコミュニティ作りが今も必要とされています。

ボラサポ2は、そのきっかけとなるイベントや交流事業の実施に役立てられます。

ボラサポ2・これまでのご寄付額
(平成30年3月末日現在)
419,920,348円

ボラサポ2・これまでの助成件数と金額
(平成30年3月現在)
2,485件 230,140,000円

これまでの助成決定内容

ボラサポ2では、岩手県、宮城県、福島県の3県におけるコニュニティの再生を支援するため、自治会・町内会を含む地域のボランティア・NPO団体に対して、平成27年度~29年度までの3年間に、合計2,462件、2億2,845万円以上の助成を行ってきました。

平成27~29年度 助成決定内容(平成30年3月現在)

3県の全体状況

助成件数 2,485件
助成総額 230,140,000円

各県状況

  岩手県 宮城県 福島県
助成件数 158件 1,197件 1,130件
助成総額 19,378,000円 113,452,000円 97,310,000円

各年度ごとの助成決定内容はこちら

ボラサポ2前身の活動「住民支え合い活動助成」(平成24年~26年助成)に関する情報はこちら

ボラサポ2による助成事例

岩手県の活動

助成団体名:生きた証を記録し語り継ぐ会

助成事業名:生きた証を記録し語り継ぐ活動
活動期間:2017年4月~9月
活動場所:岩手県盛岡市

寄付者へのメッセージ

この事業では、ただ単にボランティアが被災者を支援するに留まらず、被災者のなかから寄り添う者が形成されたり、被災当事者自らが癒しの文化の形成者になったりという効果を生んでいます。

ご寄付いただいたお金を、このような活動に役立たせていただき感謝にたえません。ありがとうございました。

続きはこちら

助成団体名:大槌子ども食堂 有志の会

助成事業名:おおつち子ども食堂
活動期間:2016年9月~2017年3月
活動場所:岩手県大槌町

寄付者へのメッセージ

この事業では、ただ単にボランティアが被災者を支援するに留まらず、被災者のなかから寄り添う者が形成されたり、被災当事者自らが癒しの文化の形成者になったりという効果を生んでいます。

募金を活用させていただきありがとうございました。みんなと食事をする場をとおして地域の方が集い、世代間交流もできました。楽しい時間をありがとうございました。

続きはこちら

助成団体名:特定非営利活動法人居場所創造プロジェクト

助成事業名:四周年記念感謝祭・高台移転者歓迎交流会
活動日:2017年6月

寄付者へのメッセージ

おかげさまで、四周年感謝祭・高台移転被災者歓迎交流会を無事終了することができました。

今後も行事等を通じて、被災者の生活不活発病や孤立の防止に努めて、新たなコミュニティの形成につなげていきたいと思います。ありがとうございました。

続きはこちら

その他の事例はこちら

宮城県の活動

特定非営利活動法人 生涯学習実践塾(岩沼支部)

助成事業名:玉浦だよ!全員集合Ⅲ今年もあるよ、野点と縁日!
活動日:2017年7月8日
活動場所:宮城県岩沼市

寄付者へのメッセージ

玉浦は集団移転がほぼ終了しました。今こそ、住民交流というソフト分野の支援が必要なときに、このイベントを実施することができ、本当に感謝しています。津波で埋もれてしまいそうだった地域のお宝(文化)を次世代につなぐ機会になったと思います。これも赤い羽根に寄付していただいた皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。

続きはこちら

合戦原区自治会

助成事業名:合戦原学堂まつり
活動日:2017年10月15日
活動場所:宮城県亘理郡

寄付者へのメッセージ

今年の合戦原学堂まつりは趣向を変え、ミニ運動会(交流会)として、同地区内の町営桜塚住宅地にお住まいの皆さんとの交流の一歩を踏みだすことができました。
 震災復興による新市街地に入居された皆さんと交流の催しができたことに感謝とともにお礼申しあげます。ありがとうございました。

続きはこちら

市営新西前沼第一復興住宅 菜園会

助成事業名:復興公営住宅地域ふれあい交流事業
活動日:2017年10月22日
活動場所:宮城県石巻市

寄付者へのメッセージ

今回で2回目になる収穫祭が開催できました。本当にありがとうございます。年々レベルアップして地域住民と復興住宅住民の交流のかけ橋になっています。参加家族の笑顔と子どもの喜ぶ声が、皆を明るくする原動力になりました。

続きはこちら

その他の事例はこちら

福島県の活動

ふるさといいたてに帰ろう会

助成事業名:円から面に広がる縁づくり
活動期間:2016年6月20日~2017年1月30日
活動場所:福島県福島市

寄付者へのメッセージ

本事業を通して、避難者同士のつながりをもつことができ、さらに避難先や交流先の方々との交流をもつことができました。会員の多くは帰村を考えるようになりましたが、帰村者は高齢者中心になることが予想され、本事業で培った“絆”は大事なものです。継続してご支援いただき、ありがとうございました。

続きはこちら

相馬かんがるーおばさんの会

助成事業名:相馬かんがるーおばさんの会
活動期間:2016年5月22日~2017年2月25日
活動場所:福島県相馬市

寄付者へのメッセージ

仮設からそれぞれの場所に落ち着きましたが、以前のような隣同士のつきあいもなく、カーテンを閉めた家も多くなったと聞きます。お茶や歌、軽い体操やモノづくりを楽しみ、笑い声が聞こえる場所づくりを今後も続けていきます。

続きはこちら

北中條町内会

助成事業名:北中條ふれあい輪投げ大会(復興住宅住民と地域住民の交流事業)
活動日:2017年8月6日
活動場所:福島県福島市

寄付者へのメッセージ

ご支援ありがとうございました。被災者住民との交流会ありがとうございました。

続きはこちら

その他の事例はこちら