令和2年7月豪雨災害

災害関連 新着情報はこちら≫

支援金

令和2年7月3日以降、九州地方をはじめ広範囲に渡り甚大な被害が生じ、河川の堤防決壊等による洪水や土砂崩れ等の災害が発生しています。
この災害により亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

被災地では、新型コロナウイルス感染拡大リスクを回避するため、被災県内のボランティアグループ・NPO団体等による支援活動が行われています。

こうした被災県内のNPOやボランティアグループによって行われる被災者支援活動を応援するため、中央共同募金会では、「令和2年7月3日からの大雨による災害にともなう災害ボランティア・NPO活動サポート募金」(災害ボラサポ・令和2年7月豪雨)へのご寄付を受付けています。

皆様からのご寄付をもとに、被災地においては新型コロナウイルス感染拡大の予防対策を図ることが必要であることから、被災地域の行政、関係機関等が公表するボランティア活動に対する注意喚起や意向をふまえ、被災県内のボランティアグループ・NPO団体を対象に、被災者支援活動に対する助成事業を実施いたします。

被災者を支援する活動を「支える人を支える」活動支援金へのご支援いただきますようお願い申しあげます。

 

被災地での支援活動を考えるNPO・ボランティア団体の皆さまへ

~被災地の状況や情報をよく確認のうえ参加するようにしてください~

災害ボランティア活動は、個人個人の自由な意思に基づいた活動であることが原則です。

しかし、新型コロナウイルス感染が懸念されている現在の状況下では、災害ボランティア活動を進めることで、感染を広めてしまう恐れがあります。特に今回の被災地域は、人口に占める高齢者の割合も高く、感染の広がりが被災地の住民の命を脅かす事態を生じさせかねません。

そのため、今回の災害における今後のボランティア活動については、県及び被災市町村の意向をふまえ、被災地の状況や情報をよく確認のうえ参加するようにしてください。全国社会福祉協議会全国災害ボランティア支援団体ネットワーク(JVOAD)くまもと災害ボランティア団体ネットワーク(KVOAD)からも注意喚起が行われています。
なお、「災害ボラサポ・令和2年7月豪雨」の助成内容は、被災地の状況や情報をふまえて検討してまいります。決まり次第、本会ホームページで告知します。

「画像提供/NPO法人リエラ」



義援金

7月3日からの豪雨により、各地で記録的な大雨となり、河川の堤防決壊等による洪水や土砂崩れ等の災害が各地で発生しました。
この災害により亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

中央共同募金会では、被災された方々の支援のため義援金を募集いたします。
受け付けた義援金は、義援金募集を行っている都県の被災状況に応じた按分率に基づき各都県に送金し、被災者へ配分されます。

  1. 受付期間

 令和2年7月13日(月)から同年12月28日(月)

  1. 受入金融機関

 (1)ゆうちょ銀行
  口座番号 00140-4-325150
  口座名義 中央共同募金会令和2年7月豪雨災害義援金

 (2)三井住友銀行
  支店名 東京公務部
  口座番号 普通預金 0148483
  口座名義 (福)中央共同募金会

 (3)りそな銀行
  支店名 東京公務部
  口座番号 普通預金 0126807
  口座名義 (福)中央共同募金会

※振込手数料の取り扱い等、詳しくは義援金募集要綱をご参照ください。
※確定申告の際は、金融機関で受け取る振込金受領証等に義援金募集要綱を添えることで税制優遇措置を受けることができます。


特定の被災都県を指定してご寄付をされたい場合は、当該都県共同募金会の受け入れ口座にご送金ください。