ページ内を移動するリンクです

赤い羽根共同募金のサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。

赤い羽根共同募金 ロゴ

ここからメインコンテンツです

平成28年熊本地震の支援について

 平成28年4月の熊本地震では、熊本県内、大分県内で甚大な被害が発生しました。
 被災されたみなさまに心よりお見舞い申しあげます。
 まもなく震災から1年が経ちます。被災された方々への支援を行う「ボラサポ・九州」へのご寄付はこれまでに2億2,388万円にのぼり(平成29年2月末現在)、これまでに、被災者支援の活動を行う132のボランティア団体・NPO団体への助成を行い、刻々と変わる被災地のニーズに沿った支援活動を行ってまいりました。
 被災地では、今もなお、応急仮設住宅4,181戸に10,990人が、また、県内に点在する民間アパートなどのいわゆる「みなし仮設住宅」13,530戸には31,247人が入居し、避難生活を余儀なくされています。
 現在、支援内容は緊急救援から仮設住宅等に居住する高齢者等への生活支援に転換しており、継続的な見守りによる孤立防止の活動等の支援は、今後ますます必要となってくる見込みです。
 今後も、「ボラサポ・九州」に対する引き続きのご協力を、どうぞよろしくお願いいたします。

社会福祉法人 中央共同募金会

ご寄付をお受けしております

「ボラサポ・九州」(赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」・九州)
 ~支える人を支える募金へのご協力をお願いいたします~

ボラサポ

 被災地では、緊急的な支援はもとより、今後、生活やコミュニティを再建していくために、被災地住民どうしが支えあう活動や、全国から応援に入るボランティア・NPO団体などにより、被災された方々を長期間、継続的に支えることが重要となります。
 中央共同募金会では、このように被災地で住民どうしが支えあう活動、また被災された方々への支援を行うボランティア・NPO団体などを経済的に支えることを目的に、全国の皆さまからお寄せいただくご寄付(支援金)により、新たに「ボラサポ・九州」を実施します。

「ボラサポ・九州」詳しくはこちら

「ボラサポ・九州」寄付をしたい

「ボラサポ・九州」に応募する(助成を受ける)
※第3次応募受付開始は終了しました。
今後の予定はこのホームページでご案内いたします。

ご寄付をお受けしております

「義援金」
 ~被災された方へ、自治体を通じて直接届けられるお見舞金です~

Logo

 中央共同募金会にお寄せいただいた義援金は、手数料等をいただくことなく全額を、できるだけ速やかに、県の義援金配分委員会を通じて、被災された方々へお届けしています。
 中央共同募金会でお受けした義援金の受付・送金状況はこちらをご覧ください。
 >平成28年熊本地震 義援金受付状況(PDF)

 「義援金」は、災害により被災された方へのお見舞い金として、共同募金会や日本赤十字社、被災都道府県庁等でお預かりした全額が、それぞれの都道府県内に設置される義援金配分委員会に集約され、同義援金配分委員会により、被害状況に応じて配分額を決定し、市町村行政から被災された方々にお届けいたします。

「義援金」詳しくはこちら

「義援金」へのご寄付をお受けしております

「災害等準備金」による災害支援制度
 ~多くの皆様にご協力いただく赤い羽根共同募金が被災地を支えます~

 全国の都道府県共同募金会では、災害に備えて赤い羽根共同募金の一部を積み立て、災害発生時に被災地の災害ボランティアセンターの運営等に助成を行う「災害準備金」制度を設けています。
 毎年多くの皆さまにご協力いただいている赤い羽根共同募金から積み立てられる「災害等準備金」が、平成28年熊本地震被災地の災害ボランティア活動を支えます。

「災害等準備金」詳しくはこちら

ここからフッターナビゲーションです