令和3年7月1日からの豪雨について(7月6日掲載、7月12日更新)

7月1日からの豪雨により、静岡県熱海市ほか各地で土砂災害や浸水等の被害が発生しています。
被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

さて、本会へもご寄付やボランティアに関するお問合せをいただいておりますが、
被災地、特に熱海市では、安否不明な方も多く、警察や消防、自衛隊等による捜索、救助活動が最優先に行われている状況です。
立ち入り禁止や通行止めの地域も多くあり、また、救助活動も天候によって中止となるなど、土砂災害地域はまだ危険な状況です。

熱海市では災害ボランティアセンターが開設され、災害ボランティアの「事前登録」は始まりましたが、
現時点では「静岡県東部在住」のボランティアに限っており、あくまで「事前登録」の段階です。
実際のボランティア活動は、まだ先になる見込みで、開始時期も不明です。

そのため、災害ボランティア活動については、被災地の情報をよくご確認いただき、災害ボランティア活動開始の案内をお待ちください。

現地の情報については、下記のサイト等をご参照ください。
◆全国社会福祉協議会 被災地支援・災害ボランティア情報

中央共同募金会では、発災当初から関係諸機関と連携して、被災地の状況把握に努めています。
今回の災害を特定した「災害ボランティア・NPO活動サポート募金(ボラサポ)」については、「ボラサポ・令和3年7月豪雨」として、実施が決まりました(7/12更新情報)
◆「ボラサポ・令和3年7月豪雨」について

発生した災害を特定しないボラサポ全般についても、常時ご寄付を受け付けています。
また、災害ボランティアセンターの運営には、赤い羽根共同募金(災害等準備金)が役立てられています。
◆赤い羽根の災害・被災地支援(ボラサポ等)

皆様のご支援ご協力に感謝いたします。