ページ内を移動するリンクです

赤い羽根共同募金のサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。

赤い羽根共同募金 ロゴ

ここからメインコンテンツです

助成団体の活動事例を見る

赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート基金」(ボラサポ)の助成を受けた活動を紹介しています。

※検索機能につきましては、現在システムに不具合が生じておりご利用できません。
 大変ご不便をおかけしますが、活動報告は以下1P~40Pをご覧くださいますようお願いいたします。


全40ページ中7ページ目です  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

NO.31
 
団体名:
北上市社会福祉協議会
活動名:
沿岸被災地復興支援のためのボランティア活動
活動期間:
2015 / 06 / 16 ~ 2015 / 11 / 20
活動概要:
個人ボランティアバスの運行

NO.32
 
団体名:
学生団体ラポール
活動名:
震災によって不安を抱えながら生活する福島県いわき市の子ども達に、日常生活や学校ではできない将来につながる経験を提供し、笑顔になってもらう活動。
活動期間:
2015 / 06 / 13 ~ 2015 / 06 / 14
活動概要:
福島県いわき市の子ども達を東京に招待して、一泊二日の東京見学をします。東京にいる私たちだからこそできることをしたいという思いから企画したイベントです。ラポールでは毎年恒例のイベントで、3回目となる今回は子ども達の要望が強かったスカイツリーを始め、浅草やNHKなどの見学を行います。

NO.33
 
団体名:
山谷マックデイケアセンターワン・ステップ
活動名:
アルコール・薬物・ギャンブル依存症者本人やその家族並びに関係者に対する啓蒙・啓発活動及び支援者をケアする活動
活動期間:
2015 / 06 / 09 ~ 2016 / 02 / 11
活動概要:
釜石市において、アルコール・薬物・ギャンブル依存症者本人やそのご家族・関係者に対する啓蒙・啓発および支援者をケアする活動。

NO.34
 
団体名:
藤女子大学人間生活学部 船木研究室
活動名:
女子大生が連携して行う被災地支援”友愛訪問活動”part5
活動期間:
2015 / 06 / 08 ~ 2015 / 10 / 26
活動概要:
この活動は、仙台白百合女子大学と連携して北海道の藤女子大学人間生活学科船木研究室の学生ボランティアが、「顔のみえる関係(支援者側と被災者との絆)づくり」をとおして被災地の復興に貢献しようとするものである。 仙台白百合女子大学郡山研究室の協力要請で2011.04.20から行った「寝具セット」の提供(70組)し、2011年9月、2012年9月、2013年8月、2014年9月に、その寝具の支給を受けた被災者たちとその近隣者とのそれ以降の友愛交流・文通などを”友愛訪問”と称して実施してきた。 本件は、それらの友愛訪問活動(第5次・第9次・第12次・第15次助成事業)の実施を踏まえて、引き続き被災者たちとの繋がりを直接的に維持構築しながら行う支援活動を、本年も”友愛訪問part5”として現地の住民との協力関係のもとで継続的に行っていく。 本件は、上記を踏まえて2011年から継続的に繋がってきた被災地に暮らす人々との”きずな”をさらに維持継続していくために行う”友愛訪問活動”と、被災地でっ展開されてきている復興活動に女子大生たちが現地の団体などと連携しながら復興支援活動の一助を担う。 また、(被災者たちからの意向もあって)本件で行った活動内容と学生たちが直接面会した被災者・被災地の現状を収集し、”支援活動写真展・シンポジュウム”の開催をとおして被災地復興支援を広く啓発活動を展開していく。

NO.35
 
団体名:
国際花と緑のセラピー協議会
活動名:
石巻市の仮設住宅の皆さんに花セラピー教室を通して心を癒して頂く活動
活動期間:
2015 / 06 / 07 ~ 2016 / 03 / 20
活動概要:
生花を自由に活ける事によって自然と心癒される花セラピーの教室を、石巻の仮設団地・復興住宅の集会場で開催致します。 この活動は、赤い羽根『災害ボランティア・NPO活動サポート募金』のご助成を頂きながら、2012年2月から定期開催してきており、2015年3月までに14回開催いたしました。  毎回、笑顔の絶えない教室となり、『あ~ 癒されました』 『楽しかったです』 『この花の様に私も花を咲かせたい気分になった』『皆さんと一緒にいると楽しい』 など、仮設の皆さんのストレスの解消と前向きになる気持ち、そして 仮設の皆さんの和 作りに繋がっています。  2015年度は 6月、9月、12月 そして、2016年3月と4回を計画しており本助成申請においては 計4回の石巻花セラピー教室に対して、申請させて頂きます。

全40ページ中7ページ目です  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

ここからフッターナビゲーションです