ページ内を移動するリンクです

赤い羽根共同募金のサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。

赤い羽根共同募金 ロゴ

ここからメインコンテンツです

助成団体の活動事例を見る

赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート基金」(ボラサポ)の助成を受けた活動を紹介しています。

※検索機能につきましては、現在システムに不具合が生じておりご利用できません。
 大変ご不便をおかけしますが、活動報告は以下1P~40Pをご覧くださいますようお願いいたします。


全40ページ中6ページ目です  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

NO.26
 
団体名:
千代田町社会福祉協議会
活動名:
東日本大震災 復興支援ボランティアバス運行事業
活動期間:
2015 / 08 / 01 ~ 2015 / 08 / 01
活動概要:
町民から復興支援ボランティアを募り、現在もボランティアの手を必要としている被災地へバスを運行し、現地ボランティアセンター指示のもと活動を行う

NO.27
 
団体名:
函館YWCA
活動名:
被災地福島県内の親子のフレッシュプログラム
活動期間:
2015 / 07 / 24 ~ 2015 / 07 / 27
活動概要:
2011年3月におこった東日本大震災後、2012年1月より主に夏休みの期間中に被災地福島県内の親子を函館へ招待し、戸外でおもいきり遊び、夏休みの数日を心身ともに親子がリラックスしてすごすことで、元気を取り戻してもらうプログラムを4回実施してきた。今夏5回目の保養プログラム「北の大地ですごす夏休みinはこだて」を開催する。北海道ならではの広い場所での外遊びや、海での磯遊びといった内容で計画している。またこの活動を通じて地域の多世代のボランティアをまきこみ、特にユースボランティアの育成に力を注ぐ。この4日間のプログラム実施向け募金活動(チャリティーコンサート、福島応援マルシェ等)を年間をとおして実施し、風化しつつある福島の現状を伝える役目も果たしていく。

NO.28
 
団体名:
東北ボランティア有志の会香川
活動名:
東日本大震災で被災された方々の復興を応援するための仮設住宅訪問とサロン活動
活動期間:
2015 / 07 / 17 ~ 2015 / 07 / 20
活動概要:
東日本大震災で被災された方々の復興支援を目的として活動し、2011年11月よりこれまで11回のボランティア活動を行ってきました。東北3県(宮城・岩手・福島)でのボランティア活動はもとより、現在は香川県下での復興支援チャリティー講演会主催や防災勉強会を開催するなど、啓発活動も積極的に行っています。 2011年の第1回から第3回までの主な活動は瓦礫撤去のみでしたが、第4回目より「私たちのところへ来てほしい」という被災者の生の声を聞き、仮設住宅を訪問し香川の人からのメッセージをお届けする活動が加わりました。 震災から2年も過ぎると、被災地のボランティアセンターは相次いで閉鎖や縮小され、現地のボランティアセンターでお客様のように仕事を割り振ってもらっていた活動は、市役所や社協と連携して自ら仮設住宅へ飛び込んでいく活動に変わってきました。

NO.29
 
団体名:
SVB
活動名:
南相馬市小高地区の復興支援のための廃棄物、がれき撤去、清掃などのボランティア活動
活動期間:
2015 / 07 / 17 ~ 2015 / 07 / 19
活動概要:
「南相馬市災害復旧復興ボランティアセンター」への依頼事項の支援活動(*)と、地元中高生で構成されたMJCアンサンブルとの交流会および、観光支援(地元物産品の購入)を行います。 *現在ニーズ確認中であり、ニーズが入り次第確定する予定です。

NO.30
 
団体名:
斑鳩町社会福祉協議会
活動名:
斑鳩町被災地支援ボランティア」【大槌町(岩手県)における復興再生プロジェクト・まちづくり事業】
活動期間:
2015 / 07 / 01 ~ 2015 / 08 / 31
活動概要:
斑鳩町社会福祉協議会では、東日本大震災により大きな被害を受けた岩手県大槌町へ向けてボランティアバスを運行し、斑鳩町内のボランティアの方々(予定20名)と2日間のボランティア活動を行う。 活動内容に関しては、岩手県大槌町にて、「菜の花プロジェクト」に参加する。具体的には、被災地の河川敷に菜の花を咲かせ、亡くなった方への鎮魂と除染効果のあるとされる菜の花を使って河川敷をきれいにし、町民の人たちを少しでも元気にするプロジェクトに参加する。 また、被災地の地域住民の方々とボランティア活動を通じて交流を図ることで斑鳩町においても、一層、ボランティアの輪を広げ、町内の「減災」活動の推進につなげるきっかけとする。

全40ページ中6ページ目です  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

ここからフッターナビゲーションです