ページ内を移動するリンクです

赤い羽根共同募金のサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。

赤い羽根共同募金 ロゴ

ここからメインコンテンツです

助成団体の活動事例を見る

赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート基金」(ボラサポ)の助成を受けた活動を紹介しています。

※検索機能につきましては、現在システムに不具合が生じておりご利用できません。
 大変ご不便をおかけしますが、活動報告は以下1P~40Pをご覧くださいますようお願いいたします。


全40ページ中20ページ目です  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

NO.96
 
団体名:
大津市社会福祉協議会
活動名:
南三陸町の漁業・農業支援や援助者の支援活動のためのボランティアバス実施
活動期間:
2014 / 07 / 28 ~ 2014 / 07 / 30
活動概要:
宮城県南三陸町に復興応援バスを運行 ・災害ボランティアセンターを通じた漁業支援、農業支援等の災害復興支援ボランティア活動 ・被災者生活支援センターとの連携で現地の生活支援員と交流研修会を実施 ・被災住民である元漁師による震災語り部講話の拝聴

NO.97
 
団体名:
日曜奉仕団
活動名:
被災地復興の為のガレキ等撤去活動
活動期間:
2014 / 07 / 27 ~ 2014 / 12 / 21
活動概要:
ボランティアバスを運行し、岩手県陸前高田市における一般住宅地のガレキ撤去、田畑のガレキ撤去及び草刈り、用水路の泥出しを行うと共に、地元寒河江市への福島県を中心とした避難者に対するコミュニティ作り支援、イベント企画、相談窓口等を平行して行ってきた。 今回のボラサポは、7月~12月に予定しているボランティアバスのバスチャーター費用に使用いたします。

NO.98
 
団体名:
福島っ子保養支援・交流プロジェクト埼玉
活動名:
埼玉県の市民による福島の子どもたちの保養を支援し、交流を図る活動
活動期間:
2014 / 07 / 27 ~ 2014 / 07 / 31
活動概要:
福島県の津波、原発事故で避難して生活している子どもたち、福島県全般に健康の不安を抱え野外学活への不自由を感じている子どもたちを7月27日~7月31日の5日間、埼玉県寄居町にある民間保養施設「学びの里」を中心に過ごしていただく。フィールドワークや川べりでの遊びを通じて自然体験をし、自然を学ぶ。また近くの中世の古戦場、鉢形城址及び歴史博物館を見学して歴史を学ぶ。また遊具づくり、竹を素材にした楽器作成などの物づくり、合唱やバーベキューなどの共通の体験を通じて、埼玉の子どもたちとの交流を図る。帰路には、丸木美術館、鉄道博物館を見学、埼玉の子どもたちが見送る。

NO.99
 
団体名:
函館YWCA
活動名:
被災地福島県内の親子のリフレッシュプログラム
活動期間:
2014 / 07 / 25 ~ 2014 / 07 / 28
活動概要:
2011年・3月におこった東日本大震災後も、被災地に住まう福島県の親子を招待し、放射能の汚染の心配のない土地で、安全な食事を食べ、戸外で思いきり遊び、夏休みの数日を心身共に親子がリラックスしてすごすことで、元気をとりもどしてもらう事を目的とする。北海道ならではの広い場所での外遊びや磯遊びなど、日頃放射能被害を危惧して行えないことなどをもりこんだ活動を計画している。また、今年度は、これまで3回実施した中でボランティア協力いただいた団体とのつながりを 地域での支援活動として定着・継承していく、ユースボランティア、一般市民ボランティア育成の場となる事を目指す。

NO.100
 
団体名:
富山県生活協同組合連合会
活動名:
「福島の子ども保養プロジェクト in とやま2014夏(朝日町」(福島震災復興支援 親子リフレッシュ交流企画)7月富山県下新川郡朝日町での開催福島県内の子どもと親の放射線被曝への不安・ストレスをやわらげるとともに、一定の放射線被曝の低減化に資するための活動(7家族25名を予定)
活動期間:
2014 / 07 / 19 ~ 2014 / 07 / 21
活動概要:
福島県内の放射線被曝への不安を抱えて生活している子どもを中心として、親子で自然豊かな富山に迎え、自然の中で楽しくすごしながら放射線被曝への不安やストレスをやわらげるとともに、放射線被曝低減化に資することを目的として開催します。放射線被曝への不安がないところ(富山県)で、おもいっきり親子で自然を楽しむと共に、地元の方々と交流をします。特に、7月中旬の時期でもあり、富山県内の日本海での海水浴、海釣り、ヒスイ探しなどたっぷりと太陽の下で日本海の海を楽しんで頂きます。又、ボランティアとして参加した富山県内の家族と交流し、交流を通じた息の長い支援活動についてともに考えます。

全40ページ中20ページ目です  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

ここからフッターナビゲーションです