ページ内を移動するリンクです

赤い羽根共同募金のサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。

赤い羽根共同募金 ロゴ

ここからメインコンテンツです

助成団体の活動事例を見る

赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート基金」(ボラサポ)の助成を受けた活動を紹介しています。

※検索機能につきましては、現在システムに不具合が生じておりご利用できません。
 大変ご不便をおかけしますが、活動報告は以下1P~40Pをご覧くださいますようお願いいたします。


全40ページ中11ページ目です  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

NO.51
 
団体名:
高崎健康福祉大学
活動名:
和太鼓による保育園・児童館応援・交流事業
活動期間:
2015 / 03 / 23 ~ 2015 / 03 / 24
活動概要:
宮城県で以前より伝統文化の伝承を目的として地域に親しまれてきた和太鼓の演奏披露と,和太鼓を通して被災地の保育所・児童館の子どもたちと交流する。また,子どもたちに和太鼓の演奏を体験してもらい,被災された地域の方々や保護者と一緒に和太鼓に親しんでもらうことも計画している。

NO.52
 
団体名:
ゲットライブリー
活動名:
いわき市内のお年寄りのための昭和歌謡コンサートボランティア活動
活動期間:
2015 / 03 / 14 ~ 2015 / 03 / 14
活動概要:
音楽ボランティアグループ『おもひでチューズデー』様による、いわき市内のお年寄りを対象とした昭和歌謡コンサートを開催。

NO.53
 
団体名:
SVB
活動名:
南三陸町の復興支援のための被災地域への農業支援ボランティア活動
活動期間:
2015 / 03 / 13 ~ 2015 / 03 / 15
活動概要:
南三陸町の復興支援として「南三陸町社会福祉協議会」を通じた依頼事項の支援活動、および、観光支援(地元物産品の購入)を行います。

NO.54
 
団体名:
樹木いきいきプロジェクト
活動名:
学校・公園のシンボルツリーを守ろう!プロジェクト ~学校や公園に集う人たちのためにシンボルツリーを塩害で枯らさないための活動~
活動期間:
2015 / 03 / 01 ~ 2015 / 11 / 23
活動概要:
シンボルツリーとは、代々その学校・公園に集う人たちの心に残ってきた記念樹です。  卒業生が学校を再び訪問した時に「あ!わたし達が植えた木がこんなに大きくなっている。」「この樹は昔と変わらないなあ。」などと、必ずホッとした気持ちにさせる記憶の片隅に必ずあるものがシンボルツリーです。その大切な樹が津波被害を受けて、今、枯れてしまう危機に立たされています。より多くのシンボルツリーに対して塩害対策(除塩)活動を行い、元気にすることがこの活動の目的です。  これまで2年間塩害対策(除塩)活動を、塩害を受けた樹木21本、花壇4ヶ所、19本の樹木植栽予定場所にて実施してきました。またそれと合わせて、塩害についての環境教育授業を6回実施し、塩害についての啓蒙活動も実施してきました。これが塩害を受けた土地に再び緑を取り戻す最初の一歩になっていると考えています。  これからの活動は、①シンボルツリーに対する塩害対策(除塩)活動、②塩害についての環境授業・ワークショップの実施、そして③当団体が塩害対策を実施したシンボルツリーのアフターケアの3つを予定しています。今回、助成金対象として申請をしたいのは、②の一部、公園での環境授業・ワークショップに使用する備品となります。

NO.55
 
団体名:
四日市東日本大震災支援の会
活動名:
三重の中高大生が宮城県東松島市・福島県葛尾村の復興を見守るサロン活動
活動期間:
2015 / 02 / 27 ~ 2015 / 05 / 24
活動概要:
継続的に支援を続けてきた宮城県東松島市は、集団移転が始まり、仮設住宅においても、集団移転先においてもコミュニティ形成・維持の課題を抱えている。今回の2回の活動では、その両方において交流促進のイベントを開催する。また、福島県葛尾村は、全村避難が続き、仮設住宅での不自由な生活が続いている。除染作業が進展し、帰村に向けた準備が始まろうとしている段階において、帰村したい住民、帰村できない村民、帰村の意思決定ができない村民にわかれ、互いに気持ちのズレが大きくなってきている。このようなコミュニティの現状を踏まえ、2月の活動で初めて交流会を開催し、5月には高校生・大学生中心に合唱演奏会を開催、避難中の皆さんに少しでも元気を持ってもらえるよう、さらに企画を検討してきたい。 <2月末の活動の概要> ■集団移転が始まった東松島市の矢本運動公園仮設住宅での交流会 足浴&お茶会の交流イベントを開催 ■矢本運動公園仮設住宅の自治会の皆さんとの交流とディスカッション 自治会役員の皆さんと、自治会運営と支援の会の活動についてディスカッション ■原発事故による全村避難中の福島県葛尾村の皆さんが暮らす三春町の仮設住宅での交流会 初めての足浴&お茶会の交流イベントを開催 <5月の活動の概要> ■東松島市の矢本運動公園仮設住宅と集団移転先での交流会 東松島市の2か所で足浴&お茶会の交流イベントを開催 ■福島県葛尾村の皆さんが暮らす三春町の仮設住宅での交流会&校歌合唱 葛尾村の仮設住宅で、2回目の交流イベントを開催し、葛尾小学校と葛尾中学校の校歌を合唱

全40ページ中11ページ目です  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40

ここからフッターナビゲーションです