ページ内を移動するリンクです

赤い羽根共同募金のサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。

赤い羽根共同募金 ロゴ

ここからメインコンテンツです

プロモーション
現在表示しているページの位置

ソフトバンクモバイル株式会社、ソフトバンクBB株式会社より、
継続してご寄付をいただいています

平成23(2011)年8月より開始した持続的な支援のしくみが「チャリティホワイト」です。
携帯電話の毎月の基本使用料にプラス10円の寄付をいただき、ソフトバンクモバイル社も10円をマッチングし、1件あたり20円を、ボラサポとあしなが育英会に寄付するオプションプランです。携帯電話から特番(*3710)で加入できる簡単なしくみ等に加え、平成24(2013)年12月からグループ会社のソフトバンクBB社でも提供を開始し加入件数が増加。平成25(2013)年3月末には130万件を超えました。

また、Facebookページに「いいね!」をすると10円をボラサポに寄付してくださる
もっと応援プロジェクト」(2013年5月末まで) も実施中です。

皆さまからのご寄付は大切に役立てさせていただいております。ありがとうございます。

ソフトバンクモバイル株式会社 ホームページ

<ソフトバンクモバイル株式会社のCSRご担当者にお話をうかがいました>
総務本部 CSR企画部 齊藤剛様(写真左)
「チャリティホワイトは、お客さまの思いが集まって大きな力になっています。その大きな思いを、東北の人たちに届けたいと思っています。
どうしてボラサポに寄付しているかといえば、助成先であるNPOの活動が見えやすいからです。それでより多くのお客さまの共感を得られて、思いがつながり、支援活動が継続的にできる環境が作れればと考えています」

総務本部 CSR企画部 小澤祐司様(写真右)
「お客さまからの寄付があり、NPOの活動支援につながり、それが被災された人の支援につながる。それをつなげるパイプ役になれればと思っています。寄付したことによってどうなったのかというフィードバックもしていきたいです。チャリティホワイトの参加者は100万人を超えていますが、こんなに多くの人が寄付をしてくださっている、継続して支えてくださっているということを、東北の方やNPOの方たちにもぜひ知ってもらえたらと思います」

総務本部 CSR企画部 三村朋子様(写真中央)
「支援活動を行っているNPOの皆さんから、チャリティホワイトのFacebookページにいつもすてきな写真や活動のご紹介をいただきうれしく思っています。私自身もそんな活動を見て元気をもらっています。これからも、現地からの報告に期待しています!」

【ソフトバンク公式】チャリティホワイト報告ページ(Facebookページ)

ここからサブナビゲーションです

  • バナー:東日本大震災の支援について
  • バナー:赤い羽根データベース「はねっと」
  • バナー:チャリティーオークション
  • バナー:共同募金コミュニティーサイト

ここからフッターナビゲーションです