ページ内を移動するリンクです

赤い羽根共同募金のサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。

赤い羽根共同募金 ロゴ

ここからメインコンテンツです

プロモーション
現在表示しているページの位置

企業の皆さまへ

赤い羽根共同募金会の活動にご関心をお寄せいただき、ありがとうございます。
赤い羽根共同募金は、個人商店からグローバル企業まで、全国30万社ものご理解とご協力に支えられ、年間6万件もの地域福祉活動を応援しています。

企業のご支援のスタイルはさまざまです。貴社にふさわしい社会貢献、地域貢献のかたちを、「じぶんの町を良くするしくみ。」である赤い羽根共同募金と共に考えていただけませんか?

企業・CSR関連の新着情報/ニュースリリース

もっと見る

共同募金会の公益性・信頼性

社会福祉法に位置付けられた「公器」です

国民の95%以上が認知
共同募金会は、1947年、戦後復興のために組織されました。以来、市民が主体の民間運動として、国民の皆さまの95%以上に、赤い羽根募金として知られています。
「社会福祉法」に規定
1951年「社会福祉事業法」が制定され、「共同募金」および「共同募金会」が法制化されました。(2000年に「社会福祉法」に改称。同法第10章第3節に規定)。
財務省が認める
「指定寄附金」
共同募金会への寄付は、税制上の優遇措置の対象です。特に「共同募金」への寄付は、財務省が認める「指定寄附金」として、法人寄付の場合、全額損金算入できます。(指定寄附金の対象となる数少ない団体のひとつです)。
米国政府からも承認
中央共同募金会と米国のチャリティ組織United Way Worldwideは協力関係にあり、海外企業・団体からも寄付をいただいています。中央共同募金会は、United Wayを通じて、米国政府より制限なく寄付を受けられる団体として承認されています。
多数の企業の賛同
共同募金会は、大手企業から個人事業主まで全国約30万の企業から、毎年多くのご寄付をお預かりしています。共同募金に対する「安心・信頼」の証といえます。

企業×赤い羽根=ともに社会課題を解決するしくみ

赤い羽根共同募金会は、ともに社会課題を解決するパートナーとして、寄付プログラムや社員参加プログラムなどで、多くの企業と協働しています。

もっと詳しく見る

お問合せ先

フォームでのご相談・問合せはこちら

中央共同募金会 企画広報部 社会貢献推進担当
電話 03-3581-3846 FAX 03-3581-5755

ここからサブナビゲーションです

ここからフッターナビゲーションです