ページ内を移動するリンクです

赤い羽根共同募金のサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。

赤い羽根共同募金 ロゴ

ここからメインコンテンツです

プロモーション
現在表示しているページの位置

NHK歳末たすけあい

NHK歳末とは 使いみち 協力の仕方 メッセージ トピックス 歴史と統計 概要

歴史と統計

NHK歳末たすけあいの成り立ち

 「みんなで明るいお正月を」と、NHKのアナウンサーがソフトに語りかける「NHK歳末たすけあい」は、1951(昭和26)年に始まりました。
 この「歳末たすけあい」は、毎年12月に行われ、スタートした1951年の「募金額」は約312万円でしたが、1995(平成7)年には約9億6206万円にのぼりました。45年間のうちに、赤い羽共同募金と同様に、国民の間にしっかりと定着した運動になっています。
 スタート時から、NHKと共同募金会の役割分担がなされており、NHKが放送を通じて「たすけあい」の啓発・周知・宣伝を行い、共同募金会は募金の管理と助成を担うという役割は現在も変わっていません。
 募金は、寄付者のお住まいの地域の都道府県を単位に、都道府県共同募金会を通じて助成されています。1955(昭和30)年には、鹿児島県名瀬市(現奄美市)の大火の被災者に特別助成が行われたのをはじめ、翌年には冷害の北海道にも重点助成されました。
 1986(昭和61)年にNHKは、歳末たすけあいと同時期に、テレビ、ラジオを通じて「NHK海外たすけあい」を始めました。この「海外たすけあい」に寄せられた寄付金は、日本赤十字社が寄付金の受け入れ、取扱いに関する業務を行っています。
 このことから、共同募金会は国内を対象とする「歳末たすけあい」、日本赤十字社は海外を対象とする「海外たすけあい」を行うという、役割分担がなされることになりました。

NHK歳末たすけあい過去10年間実績

ここからサブナビゲーションです

  • バナー:NHK歳末たすけあい
  • バナー:毎月の定額寄付を受け付けています。
  • バナー:ふるサポ
  • バナー:遺贈・遺産の寄付をお考えの皆様へ
  • バナー:赤い羽根データベース「はねっと」
  • バナー:チャリティーオークション
  • バナー:震災遺児支援事業
  • バナー:共同募金コミュニティーサイト
  • 寄付月間 -Giving December-

    中央共同募金会は寄付月間の賛同パートナーです

ここからフッターナビゲーションです