ページ内を移動するリンクです

赤い羽根共同募金のサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。

赤い羽根共同募金 ロゴ

ここからメインコンテンツです

プロモーション
現在表示しているページの位置

法人の寄付について(詳しく)

法人寄付金の損金算入のしくみ
共同募金会に対する寄付金は全額損金算入となります

一般の寄付金については、法人の資本金と所得金額によって計算される損金算入限度額があり、その限度額の範囲内でしか損金算入できません。しかし、共同募金会に対する寄付金(下表AまたはB)は、財務省が「指定寄附金」の対象としていますので、損金算入限度額がなく、その寄付金の全額が損金算入されます。

※下表A、Bに該当しない寄付金については、C.社会福祉法人(特定公益増進法人)への寄付金として、特別損金算入されます。ご不明な点は共同募金会へお問い合わせください。

一般の寄付金等の損金算入限度額の詳細については、下記からご確認ください。
国税庁ホームページ

[手続き]

法人は、決算期の終了後、税務署に申告することになりますが、共同募金会発行の専用の領収書を添付することが必要になります。

   共同募金会  
寄付金 A.共同募金 B.共同募金以外の寄付金  C.社会福祉法人(特定公益増進法人)として受け入れる寄付金
寄付金の時期  10月1日~12月31日であって受配者指定のない寄付金 左の期間外の寄付金及び左の期間中であっても受配者指定のある寄付金  随時
寄付金の使途   社会福祉法第2条にいう社会福祉事業及び更生保護事業法第2条にいう更生保護事業  社会福祉を目的とする事業
承認の手続き  その年度の各都道府県共募の配分計画に基づき中央共同募金会が財務大臣及び総務大臣に申請し、一括承認される。 当該配分計画に基づき配分額が同一受配法人に対して100万円以下の場合は、当該都道府県共同募金会が審査・承認し、100万円超の場合は、法人税法に係る寄付金及び地方税法に係る個人からの寄付金について中央共同募金会が審査・承認する。  (審査の必要はないが、寄付金の性質に応じて共同募金会を含めた受配者について、公平性を持って慎重に選定・配分する必要がある。)
税制上の
優遇措置
法人税 全額損金算入  寄付金の特別損金算入
所得税 所得控除・税額控除
※所得控除か税額控除のいずれかを選ぶことができます。
詳しくは各都道府県共同募金会までお問い合わせください。 
個人住民税 税額控除
寄付金額から2,000円を控除した金額の10%の税額控除
 
根拠法例  法人 法人税法第37条及び昭和40年大蔵省告示第154号第4号 法人税法第37条及び昭和40年大蔵省告示第154号第4号の2  法人税法第37条
個人   所得税法第78条及び昭和40年大蔵省告示第154号第4号 所得税法第78条及び昭和40年大蔵省告示第154号第4号の2 所得税法第78条
地方税法第37条、314条、地方税法施行令第7条、48条 地方税法第37条、314条、地方税法施行令第7条、48条、及び平成2年自治省告示第66号  

ここからサブナビゲーションです

  • バナー:毎月の定額寄付を受け付けています。
  • バナー:ふるサポ
  • バナー:遺贈・遺産の寄付をお考えの皆様へ
  • バナー:赤い羽根データベース「はねっと」
  • バナー:チャリティーオークション
  • バナー:震災遺児支援事業
  • バナー:共同募金コミュニティーサイト

ここからフッターナビゲーションです