ページ内を移動するリンクです

赤い羽根共同募金のサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。

赤い羽根共同募金 ロゴ

ここからメインコンテンツです

プロモーション
現在表示しているページの位置

共同募金70周年記念「赤い羽根サポーター」のご紹介

共同募金に寄付する人、共同募金を集める人、共同募金の助成を活かして、町を良くする活動を行う人…赤い羽根共同募金は、ボランティアの皆様に全面的に支えられている運動です。「赤い羽根サポーター」は、そんな共同募金を支えてくださっているボランティアに対して応援のメッセージを寄せてくださった、著名人の皆さんです。ここでは、これまでにご協力いただいた赤い羽根サポーターとメッセージをご紹介いたします。

大野 拓朗さん

大野 拓朗さん

赤い羽根共同募金との最初の出会いは小学生の頃だったように思います。毎年募金の時期になると、校門の前で募金活動をされていて。小学校高学年になると、生徒会に入っていたので、自分も募金箱を持って校門前に立っていました。
大人になって、改めて赤い羽根共同募金を応援できる機会をいただきました。赤い羽根共同募金は、人に笑顔と勇気を与えます。僕の役者としての目標も同じ。

皆さんが、いつでも笑顔でいれますように。

大野 拓朗

大野 拓朗さん

プロフィール
1988年11月14日生まれ。東京都出身。2010年、映画『インシテミル〜7日間のデス・ゲーム〜』で俳優デビュー。近年では、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16)、情報バラエティ「Let's天才てれびくん」のメインMCを務めるなど活躍の場を広げている。主な出演作品は、連続ドラマ「三匹のおっさん」シリーズ(14、15)、大河ドラマ「花燃ゆ」(15)、終戦記念ドラマ・主演「ラストアタック」(16)など。


草刈 正雄さん

草刈 正雄さん

赤い羽根の思い出は
子供の頃、意味は分からなかったのですが、募金をして赤い羽根を付けると、何か心がドキドキワクワクしたのを覚えています。
大人になった今、赤い羽根共同募金の活動が、一人一人の子どもたちの支えになって行ってくれることを願っています。

草刈 正雄

草刈 正雄さん

プロフィール
1952年生まれ、福岡県出身。俳優としてTV・映画・CMなどで活躍。1970年資生堂が男性化粧品ブランドとして初めて発売した商品『MG5』の広告で衝撃的なデビューを飾る。1974年に「卑弥呼」で映画デビューし、1975年にはエランドール賞・新人賞を受賞。「神田川」、「あにいもうと」、「火の鳥」、「0093女王陛下の草刈正雄」などに出演。近年では、大河ドラマ「真田丸」に出演。NHK BSプレミアム「美の壺」ナビゲーター。11/13から新番組BS TBS「日本遺産」ナレーション。


杉村 太蔵さん

杉村 太蔵さん

私は、赤い羽根共同募金を通じて「ニートの若者の就労支援活動」を応援します。

私はニートやフリーター、その保護者の支援や、若者の就労環境改善に携わってきました。
今回、赤い羽根共同募金がこのような社会課題に取り組む活動にも役立っていることを知り、サポーターとして共同募金運動を支え、想いを現場にお届けしていきたいと思いました。 皆さん、70回目の共同募金運動を一緒に盛り上げていきましょう!

杉村 太蔵(元衆議院議員)

杉村 太蔵さん

プロフィール
1979年8月13日、北海道旭川市出身。2004年3月筑波大学中退。 派遣社員から外資系証券会社勤務を経て、2005年9月総選挙で最年少当選を果たす。厚生労働委員会、決算行政監視委員会に所属。労働問題を専門に、特にニート・フリーター問題など若年者雇用の環境改善に尽力。現在、TBS「サンデージャポン」、日本テレビ「幸せ!ボンビーガール」、ラジオ日経「マーケットプレス」などメディアで活動。


竹下景子さん

竹下景子さん

赤い羽根で知った「たすけあい」と「思いやり」。
でもずっと、どこかの誰かのためと思っていた。
助けられているのは私!?って知ったのは、ずいぶん大人になってからのこと。
共同募金は「じぶんの町を良くするしくみ」。
福祉に厚い災害にも強い町へ、手を取り合ってこつこつと。今日までそして明日からも。そんなふるさとが、自分がもっともっと好きになる。

竹下 景子

竹下景子さん

プロフィール
1953年生まれ、愛知県出身。’73年NHK銀河テレビ小説「波の塔」で本格デビュー。映画「男はつらいよ」のマドンナ役を3度務め、「学校」で第17回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。また、’07年には舞台「朝焼けのマンハッタン」「海と日傘」で第42回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。テレビ・舞台などへの出演のほか、国連WFP協会親善大使、京都国立博物館文化大使、C・C・C富良野自然塾インストラクターなど幅広く活動している。


谷村 美月さん

谷村 美月さん

赤い羽根共同募金、70周年おめでとうございます。
学生の頃、赤い羽根を名札に付けて歩いていた記憶を今でも鮮明に、振り返ることが出来ます。
ひとり、ひとりの細やかな気配り、気持ちが、大きな力となりますように。
私も微力ながら参加させて頂きます。

谷村 美月

谷村 美月さん

プロフィール
1990年生まれ、大阪府出身。2002年NHK連続テレビ小説「まんてん」でデビュー。 2005年初出演映画「カナリア」で第20回高崎映画祭新人女優賞を受賞。近年の作品にドラマ「八重の桜」(NHK)、「Woman」(NTV)、「アルジャーノンに花束を」(TBS)、「深夜食堂」(MBS)、映画「幻肢」、「罪の余白」「星籠の海探偵ミタライの事件簿」などがある。10月3日からスタートするNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」にも出演。


俵 万智さん

俵 万智さん

バンザイの姿勢で
眠りいる吾子よ
そうだバンザイ
生まれてバンザイ

「生まれてバンザイ」と、子どもたちが思える社会を願って、この一首をしたためました。赤い羽根共同募金が、暮らしやすく平和な社会を、後押ししてくれますように。

俵 万智

俵 万智さん

プロフィール
早稲田大学卒。1986年、作品「八月の朝」で第32回角川短歌賞受賞。1987年、第一歌集「サラダ記念日」を出版、ベストセラーとなる。翌年、「サラダ記念日」で第32回現代歌人協会賞受賞。2004年評論「愛する源氏物語」で第14回紫式部文学賞受賞。第四歌集「プーさんの鼻」で2006年第11回若山牧水賞受賞。歌集の他、小説、エッセイなど著書多数。最新刊は、「かえるの竹取ものがたり」(福音館書店)、「旅の人、島の人」(ハモニカブックス)


福原 愛さん

福原 愛さん

東日本大震災から5年の月日が経ちました。
犠牲になられた方々へのご冥福をお祈りするとともに、今もなお不自由な生活を強いられている方々が少しでも早く健やかな生活を取り戻されることを心より願っております。
震災以降、私たち卓球日本代表チームは公式ユニフォーム、公式ジャージに"WASURENAI 3.11"というワッペンをつけてプレーしています。
先日行われたリオデジャネイロオリンピックでは、たくさんの応援を頂きましてありがとうございました。
おかげさまで女子団体銅メダルを獲得することができました。
今回のリオオリンピックにおいても、被災された方々に対して今の自分が出来ることは、何よりも卓球を頑張ることだと改めて感じました。

福原 愛(ANA所属)

福原 愛さん

プロフィール
1988年11月1日生まれ、仙台市出身。3歳より卓球を始め10歳のときにプロ宣言。14歳で世界選手権シングルスベスト8。17歳で中国・超級リーグに参戦する。2012年、全日本卓球選手権女子シングルスで優勝、同年のロンドン五輪女子団体で銀メダル、今年のリオ五輪では、シングルスでベスト4、団体で銅メダルを獲得。

ここからサブナビゲーションです

ここからフッターナビゲーションです