ページ内を移動するリンクです

赤い羽根共同募金のサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。

赤い羽根共同募金 ロゴ

ここからメインコンテンツです

プロモーション
現在表示しているページの位置

赤い羽根トリビア

ようこそ、赤い羽根トリビアのコーナーに! このコーナーは、赤い羽根共同募金について知っていて損はしない雑学的な豆知識についてご紹介いたします。クイズ形式になっていますので、ぜひ、挑戦してみてください。「へぇ〜」、「そうなんだ〜」と、きっとあなたも納得のうなり声をあげるはずです。

1.羽根を使った募金は7種類あった(赤・青・黄・白・緑・水色・黒)?

2.ミッキーマウスは悪者と戦う時赤い羽根をつけていた?

3.共同募金のルーツは、はるか昔のスイスの山深い町の牧師さんからはじまった?

4.故スカルノ大統領元夫人(デヴィ夫人は、昔、赤い羽根づくりの内職をしていたことがある?

5.「たすけあい」という言葉は、第2次世界大戦後にできた言葉である

答えは5問とも「はい」です!

  1. 赤…共同募金 青…水難救助 黄色…医療バンク(腎臓移植などの支援) 緑…緑化運動  水色…水難遺児の援助・海岸の環境美化 黒…炭鉱事故・遺族の支援(一時石炭は黒いダイヤと呼ばれていました)
  2. アメリカンインディアンは生きている鷹の羽を赤く染め、手柄を立てた時それを冠につけたといいう話が元になっています。三銃士やロビンフッドの帽子にも赤い羽根がついていて、これは正義の印だそうです。
  3. 共同募金のルーツは、はるか昔のスイスの山深いまちの牧師さんから始まりました。「与えよ 取れよ」と書かれた箱を道路わきに置き、困った人が箱の中から自由にお金をもっていき、逆に箱の中にお金を入れる人もいました。ここから「匿名性」「任意性」「信頼性」の3つの基礎が共同募金運動に繋がっていくようになりました。
  4. 深田祐介の「ガルーダの商人」の中にそのことが出てきます。なお、この本は断版になっているそうです。
  5. 朝日新聞の社説に出ていました。

ここからサブナビゲーションです

ここからフッターナビゲーションです