ページ内を移動するリンクです

赤い羽根共同募金のサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。

赤い羽根共同募金 ロゴ

ここからメインコンテンツです

プロモーション
現在表示しているページの位置

共同募金のしくみ

「赤い羽根共同募金のことを全く知らない」という人はほとんどいません。また、「赤い羽根」は俳句の季語にもなっているように人々の間に浸透しています。でも、共同募金の仕組みや特徴をきちんと把握しているか、というと「?」マークが点滅しそうですね。そこで、共同募金のしくみをここで一度整理することにしましょう!

赤い羽根募金は1947(昭和22)年から

日本で赤い羽根共同募金が始まったのは、1947(昭和22)年のことです。その当時は、第2次世界大戦が終わったばかりで、家を焼かれたり、お父さんお母さんがけがをしたり亡くなったりした子どもたちがたくさんいました。そこで、困っている人たちのために、みんなで助け合っていこうと、赤い羽根募金が日本中でおこなわれました。みなさんの生まれるずっと前から、たすけあいの心は続いているのです。

都道府県を単位に実施

赤い羽根共同募金は、都道府県を単位として行われています。各都道府県にお寄せいただいた寄付金は、都道府県ごとに配分委員会の審査を経て都道府県内の福祉施設・団体の活動に役立てられます。

期間は10月から12月の3か月間

毎年10月1日から12月31日までの3か月間、日本中で赤い羽根募金がおこなわれています。みんなの学校やまちなど、いろいろな場所で募金がおこなわれています。

誰にでもできるボランティア

赤い羽根募金は、たくさんのボランティアの人たちが支えています。募金をよびかける人も、募金に協力する人も、みんなボランティアです。

身近で生きる募金

みなさんのあたたかい心がこめられた募金は、お年寄りや体の不自由な人、子どもたちなどのために役立てられます。
例えば、体の不自由な人をお世話したり、ひとり暮らしのお年寄りの食事や入浴のお世話、子どもたちのための遊具の購入などに役立てられます。また、地域で安心して暮らすための福祉のまちづくりの活動にも役立てられています。

ここからサブナビゲーションです

ここからフッターナビゲーションです