ページ内を移動するリンクです

赤い羽根共同募金のサイトでは、アクセシビリティに配慮したWebサイト閲覧のため、スタイルシートを使用しております。

あなたが使用されているブラウザはスタイルシートに非対応のブラウザか、スタイルシートの設定が無効になっている可能性があります。

そのため表示結果が異なっておりますが、情報については問題なくご利用いただけます。

赤い羽根共同募金 ロゴ

ここからメインコンテンツです

プロモーション
現在表示しているページの位置

共同募金の歴史

赤い羽根の歴史

日本で共同募金運動が始まってから、半世紀が過ぎました。この半世紀の間には、社会経済状況も急激な変化をみせ、人々の生活も意識も変わってきました。共同募金は、人々が共に生きていこうという「たすけあい」の心に支えられ、人々の幸せを願って共に歩んできました。

共同募金のはじまり

1947(昭和22)年、第1回の共同募金運動が全国的に展開されました。第1回の配分は、児童保護や育児事業などに重点がおかれ、民間の社会福祉施設や同胞援護会などの福祉団体や、生活に困っている人たちの支援に生かされました。

その背景には、戦禍による打撃がありました。戦前6700余あった民間の社会福祉施設は、戦災などで3000余に減少し、施設の運営は、物価の高騰などで苦しんでいたのです。このため、戦前の建物や旧兵舎のバラックなどで間に合わせた施設は、その後どうしても修理や改築が必要になり、共同募金は、これらの施設の整備などの復旧に大きな役割を果たしました。

第1回共同募金総額は5億9000万円(当時)

労働者の平均賃金が1950円、郵便はがきが50銭、お豆腐が1丁1円、理髪料は10円の時代で、1人あたりの平均寄付額は8円であった。 募金総額は、現在の貨幣価値に換算すると、約1200億円~1500億円ほどであると言われている。

11月25日から1ヶ月間展開された第1回共同募金運動

第1回の共同募金の配分は、住まいを焼かれたり、親をなくした孤児たちのためのさまざまな活動の支援に力点が置かれました

歴年ポスターと年表

 1940年代

 1950年代

 1960年代

 1970年代

 1980年代

 1990年代

 2000年代

 2010年代

ここからサブナビゲーションです

ここからフッターナビゲーションです